塗装

費用を抑えて改善

DIY塗装が当たり前になる時代

手頃な価格でできるリフォームと言えば、室内の壁を塗装することでしょう。安価な割りに、部屋のイメージを大きく変えることができるので人気です。近頃はDIYブームですが、壁の塗装となると業者に依頼する人も少なくありません。しかし、DIYが盛んな欧米では、自分の家は自分で塗り替えると言う意識が定着しています。徐々にではありますが、我が国でも自分で家の壁を塗装する人が増えてきました。今後、こうした人が少なくなると言うのは考えにくいです。DIY塗装をする人の数は、将来的にかなり増えると予測されています。白一辺倒だった我が国の住宅の壁も、業者ではなく家主の手によって彩られることが当たり前になってくるでしょう。

養生は決して手を抜いてはいけない

家の壁のリフォームでは、壁紙を貼ることもありますし、塗り壁材を使用することも多いです。しかし、一番ハードルが低いのはペンキを使って塗装することでしょう。道具の扱いが簡単ですし、材料費も格安で済みます。しかし、初心者は養生にてこずるでしょう。養生は塗装の成功を左右すると言われるほど重要な作業です。ですから、適当にしてはいけません。てこずって時間がかかることになっても、手を抜かないようにしましょう。とくに、マスキングテープを貼ったら指でしっかり押さえることです。テープが浮いていると、隙間から塗料が入ってしまい、塗り面以外に塗料が付着するので注意しましょう。また、窓まわりや天井の際から塗り始めることが基本です。